第6回 恒石様邸~天井張り~

今回は前回に引き続き天井の張り付けを行いました。

まず、二枚の板をタッカーで仮止めします。

次に柱があることによって出っ張っているので板を差し込むため、出っ張り分の余分な板を切り落としていきます。

一旦、板を持ち上げて、柱の出っ張り部分に合わせて板に鉛筆で印をつけていきます。

そして作業台に戻り、手ノコで縦に切り込みを入れ、その後ノミで切り落としていきます。

また、使った板が真っ直ぐでなかったために、板の側面を目測で測り、手ノコで切り落としてしまったので、墨壺という水平を測る道具を用意しないといけないと反省しました。

天井にぴったり合う形になったら防腐剤を塗った面を下にして張り付けていきます。

用意していた板では足りなくなり、天井に貼る板材の準備する人と天井張りする人と二手に分かれて作業を行いました。

板材の準備では、板が土をかぶっていたのでサンダーで表面を削り、研磨します。

その上に防腐剤を塗っていきました。

RECENT POSTS

ARCHIVE

〒782-0031 高知県香美市土佐山田町宮ノ口185

Mail : wavert.reform@gmail.com

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon

WAvert